猫の起源・猫はどこから来たの?


子猫の画像子猫の画像

 ●不思議な魅力がいっぱいの猫たち。このページでは、そんな猫たちの起源はどこにあるのか、どこから来たのか、どんなふうに進化してきたのかについてご紹介しています。

スポンサーリンク


猫の画像猫の起源・猫はどこから来たの?

 ●猫は古代の肉食獣ミアキスから進化した

 今からおよそ4000〜6500万年前、陸上で暮らす哺乳類のなかの肉食動物の祖先といわれる動物が生まれました。それが、ミアキス(Miacis)と呼ばれるちいさな肉食獣です。

 ミアキスは、後の猫や犬、ハイエナなど、食肉目に分類される肉食哺乳類たち共通の祖先にあたる、太古の昔に生きていた肉食動物と考えられています。

猫のシルエット画像

 ミアキスはヨーロッパや北アメリカの森林地帯に暮らし、体長およそ20センチくらい、現在の猫よりも胴長で足が短い姿をしていたようです。そして木登りが得意で、鋭い爪を使って小動物を捕らえて生活をしていたと考えられています。

 やがて時代が進み、ミアキスを祖先とした多くの動物たちがそれぞれ別の進化の道をたどっていきました。そのひとつが、やがて現在のイエネコへと繋がるニムラブス (Nimravidae) です。

 ニムラブスは、さらにプロアイルルス、プセウダエルルスと進化の枝分かれを繰り返し、およそ2万年くらい前に、プセウダエルルスの子孫であるヨーロッパヤマネコからアジアヤマネコが分化、その流れを汲むリビアヤマネコを直接の先祖として生まれたのが現在のネコ(イエネコ)だと考えられています。

 ちなみにリビアヤマネコ(リビアネコともいいます)は、アフリカなどのごく限られた地域に今も生きているヤマネコの一種で、現在のイエネコよりもやや体つきが大きく、太いしっぽを持ち、アフリカの砂漠地帯に適応してわずかな水でも生きていくことができ、暑さにも強いという特徴があります。

猫の画像

 そして、そのリビアヤマネコを人間が飼いならして家畜化した猫たちがイエネコです。イエネコは、必ずしもペットとして飼われている猫たちだけを指すのではなく、飼い主のいないノラネコたちもイエネコの仲間で、ヤマネコよりも性質が穏やかで人間にもなつきやすいものの、身体的特徴や本能的な性質は今も野生の猫の特徴を色濃く残しています。


スポンサーリンク


 出典及び参考書籍

 「新・子ネコの育て方百科」(誠文堂新光社・桑原久美子著)/「かわいい猫との暮らし方・しつけ方」(誠美堂出版・監修小島正記)/「0才からのしあわせな子猫の育て方」(大泉書店・服部幸・監修)/「はじめての猫飼い方育て方」(学研パブリッシング・石野孝・監修)ほか


  

 ●当サイト、「猫の不思議と秘密」では、猫の起源や性格・特徴・行動の不思議など、猫の不思議と秘密についてわかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合リンクからご覧いただけます。


猫の不思議と秘密・総合リンク




スポンサーリンク





 「猫の不思議と秘密」のトップページへ

当サイトについて  個人情報保護方針

Copyright(C) 猫の不思議と秘密 All rights reserved.